職種を指定する場合のメリット

希望通りの会社が見つかりやすい

職種を指定する場合のメリットは、希望通りの会社が見つかりやすいということです。職種が絞れているのであれば、後は休日日数や給料などの条件を見て決めるだけです。給料は低いけど休日日数が多い、自宅から近いけど待遇があまり良くないなど色々な会社を判別できます。自分にとって良い会社と悪い会社を比較しながら見分けられるので、納得して応募できるのです。例えば同じ職種なのに会社によって給料が全く違うということもありえます。当然求職者側としては給料の多い会社を選びたいものです。このような条件の違いをしっかりと見比べることができるので、職種を固定させるのは有益です。職種が違うと仕事内容も違うので、会社の見比べが困難になります。

方向性に関する迷いが生じない

職種をあえて決めずに、自分の可能性を広げながら探すのも一つの方法です。しかしそれでは自分がどんな仕事をしたいのか迷ってしまうことがあります。しっかりと方向性が定まっているのであれば問題ありませんが、例えば工場内作業に目を向けたと思ったら次は営業など、バラバラであればまともに活動ができません。自分の心に迷いがあれば志望理由も弱くなってしまうので、結果的に転職が遠のいてしまう可能性があります。職種という仕事選びの核とも言える部分を動かさないのであれば、考えることも少なくて会社選びが捗ります。自分の新たな可能性に気付くチャンスを逃すというデメリットはありますが、そこに未練がなければ全く問題ないです。

キャリアアップとは、専門的な知識と能力を習得することで、自らの経歴を高めることをいいます。また、現在よりも高待遇となる職業に転職する場合の意味も有しています。