職種を指定する場合のデメリット

視野が狭くなって転職が遅れる可能性

職種を指定する場合のデメリットは、どうしても視野が狭くなってしまうことです。例えば事務職に絞って転職先を決めるとしたら、他の職種を一切考えることなく探すことになります。転職アプリは非常に便利で、事務職に設定すると他の職種は自動的に除いてくれます。事務職を募集している会社がズラリと表示されますが、職種を絞るとヒットする会社数も当然少なくなるのです。せっかく多くの会社が載っている転職アプリなのに、少ない選択肢の中から選ぶのはもったいないとも言えます。選択肢が少なければ、その中に良い会社があるとは限りませんし、場合によっては妥協して会社を決めることになるかもしれません。そうなると次の会社でも早期退職になる可能性もあるので、注意が必要です。

本当に自分に合う仕事が分からない

いくら自分自身で天職を自覚しているつもりでも、それが本当に正解なのか簡単に判別できません。もちろん人生の中で全ての職種を経験できる訳ではありませんし、就いた仕事が天職だと思い込むしかない部分もあります。実際に応募するか否かは別として、色々な職種を見るのは決して不利益なことではありません。早期の転職を望んでいる場合は無駄な行動のように思いがちですが、視野を広げるのは悪いことではないのです。その中で、現在希望している職種よりも自分に合いそうな仕事が見つかれば、それは喜ばしいことです。世の中には想像よりも遥かに多い職種があり、中には非常に珍しい仕事もあります。自分の可能性を閉ざしてしまうような考えや行動は避けるべきです。

年収アップをする為の方法は転職だけではありません。仕事で活用出来るスキルや知識を身につける事で年収をアップさせる事が出来ます。なお、中には中小企業診断士など独立を目指せる資格もあります。