勤務条件を指定するデメリット

初めて転職する人が勤務条件を細かく決めてしまうと大変です

転職活動で多くの会社の面接を受けたいと考えている人は、勤務条件を細かく指定してしまうと、うまくいかくなることが多いでしょう。なぜなら転職アプリのシステムが、条件にあう会社しか表示してくれなくなってしまうため、閲覧できる会社の数が少なくなってしまいます。色々な会社に興味があるという人や、まずどんな会社があるのか見てみたいという人は、初めに勤務条件を細かく指定しない方が良いです。また、一般的な勤務条件を知らない内に、勤務時間や勤務形態を細かく決めてしまうと、常識を知らないと人だと思われて、相手側から避けらてしまう可能性があります。自分が望む条件で働きたいという人は、様々な求人内容を見て下調べをしてから決めるのが望ましいでしょう。

働き方が明確に決まってないとデメリットが生まれやすいです

転職してから自分がどんな風に働きたいのか、ビジョンがきちんと決まっている人は、勤務条件を細かく指定しても大丈夫でしょう。転職に関する情報もしっかり調べていて、自分が望む分野の一般的な労働環境が分かっているなら、失敗するは少ないです。しかし反対に、自分の理想の働き方が決まってない人は要注意です。なんとなくで勤務条件を細かく決めてしまうと、就職した後で思っていた環境と違っていた場合、労働環境や労働時間を変更が難しくなってしまいます。何も決まってないうちに条件通りの求人を見つけて、面接に合格してしまうと、その条件通りの環境に置かれる場合が多いでしょう。そのため、後から別の働き方がしたくなった場合、簡単に変更できないことがあります。